串間市

串間市

平成30年度新卒者等就労奨励について

新卒者等就労奨励とは・・・

若者の地元就職及び移住者の定住促進を図るため、

常用雇用者として雇用された新卒者及びUJIターン者に対して、

就労奨励金を交付するものです。

交付対象者

新卒者

①雇用される年の3月に学校を卒業した者

②市内に住所を有し、5年以上定住する意思のある者

平成29年4月から平成30年8月末までに常用雇用者として雇用された者

④労働契約等により勤務地域が限定されていることで、串間市に在住することが担保される者

⑤6ヶ月以上、同じ事業主に雇用されている者

⑥事業主の親族でないもの

⑦45歳未満の者

UJIターン者

①奨励金を交付する年度又はその前年度に串間市に転入した者

②(Uターン者のみ)串間市を転出した日から1年以上経過した後に、串間市に転入した者

③市内に住所を有し、5年以上定住する意思のある者

平成29年4月から平成30年8月末までに常用雇用者として雇用された者

⑤労働契約等により勤務地域が限定されていることで、串間市に在住することが担保される者

⑥6ヶ月以上、同じ事業主に雇用されている者

⑦事業主の親族でないもの

⑧45歳未満の者

※常用雇用者・・・

 ①期間の定めのない契約により雇用された者

 ②1週間の所定労働時間が30時間以上の労働者として、雇用された者

 ③雇用保険の一般被保険者

奨励金

◆10万円:串間市共通商品券にて贈呈

雇用する事業所の要件

◆雇用する事業所は、次のいずれかに取り組むことを要件としています。

1.企業支援プロジェクト事業における「スキルアップ研修事業」に取り組む。

 

  ※ 必要経費の5分の3補助。上限20万円。

    

  【例】〇 新規雇用者を対象に講師を招聘し講習会を開催する。

     〇 従業員の営業能力を伸ばすため、プレゼンテーション研修に職員を派遣する。

     〇 事業所の効率アップを図るため、資格を有する従業員を増やす。

 

2.企業支援プロジェクト事業における「新卒者等雇用促進事業」に取り組む。

 

  ※ 必要経費の5分の3補助。上限20万円。

 

  【例】〇 新たな求人を獲得するために、東京で行われる就職説明会に参加する。

     〇 雇用に関するホームページの内容を充実させる。

     〇 就業意欲を促す職場環境改善手段の1つとして従業員用のトイレを改修する。

 

3.雇用にあたり、地域限定採用枠を設定している。(募集要項等を提出)

 

  【例】〇『串間市在住』を雇用要件にしている。

     〇『南那珂地域在住』を雇用要件にしている。

     〇『宮崎県立福島高校』出身者枠を設定している。

支援を希望する皆様へ

◆支援するにあたり、事前相談が必要です。

◆申請者名は交付対象者ですが、申請書手続きは事業所を通じて実施します。

◆交付対象要件を満たしていた場合でも、10月以降の申請は受け付けません。

 

事前相談期間:平成30年4月16日~平成30年9月14日(土日祝日を除く)

申請受付期間:平成30年5月14日~平成30年9月28日(土日祝日を除く)

申請書ダウンロード

平成30年度 新卒者等就労奨励金交付要綱.pdf

平成30年度 就労奨励金確認事項.pdf

平成30年度 就労奨励金申請書様式.docx

     

商工観光スポーツランド推進課