串間市

串間市

国民健康保険税の納め方について

国民健康保険税の納付方法について

納め方の種類

保険税の納め方には以下の2種類があります。

普通徴収:納付書または口座振替で納める方法です

年額を8回に分けて納めていただきます。年間の国民健康保険料が決定するまでの間は、前年度の保険料を基に下記のとおり暫定賦課を行います。

平成 29年度の納期限は次のとおりです。

1期

2期

3期

4期

5期

6期

7期

8期

5月31日

7月31日

8月31日

10月2日

10月31日

11月30日

12月25日

1月31日

特別徴収:公的年金から天引きで納める方法です

   ・年金からのお支払いとなる対象世帯

・世帯主を含め国民健康保険に加入のかた全員が、65歳から74歳までの世帯

・年金からのお支払いの対象となる世帯主の年金額の年額が、18万円以上であること。

・介護保険料と国民健康保険税の合計額が、年金額の2分の1を超えないこと。(超える場合は、介護保険料のみ差し引かれる場合があります。)

※年度の途中で65歳に到達した場合、また、年度の途中で75歳に到達する場合は「納付書または口座振替によるお支払い」となります。

振替によるお支払い」となります。

4月

6月

8月

10月

12月

2月

仮徴収

仮徴収

仮徴収

本徴収

本徴収

本徴収

国民健康保険税は、毎年7月に決定します。そのため4月、6月、8月の年金受給分には、新年度の保険税額が反映できないので、2月と同額の保険税額が仮徴収額として差し引かれます。

国民健康保険税のお支払方法の変更

年金からの天引き(特別徴収)で納めていただく予定となっている方でも、串間市役所税務課または各支所に手続きにより口座振替(普通徴収)で納めていただくことが可能です。なお支払方法を変更してもお支払いただく保険税の総額は変わりません。

口座振替を

申し込み済みの方

国民健康保険税を口座振替により納めていた方は、振替口座の変更がなければ、国民健康保険税納付方法変更申出書を提出していただきます。

[手続きに必要なもの]

特別徴収通知書、認印

口座振替を

新規申し込みされる方

金融機関にて国民健康保険税の口座振替の手続き後、国民健康保険税納付方法変更申出書を提出していただきます。

[手続きに必要なもの]

特別徴収通知書、口座振替依頼書のお客様控え(金融機関受付印のあるもの)、認印

※口座登録の有無がわからない時は、税務課までお問い合わせください。

※保険税に滞納がある場合、支払変更は、できません。

※口座振替開始後に,振替不能による未納が生じた場合は,納付方法を特別徴収に変更させていただく場合があります。

※「年金からの天引き」から「口座振替」に変更する手続きについては、随時受付しておりますが、事務処理上の都合により支払方法変更のお申し込みをして頂いた直近の「年金からの天引き」の中止に間に合わないことがありますので、あらかじめご了承ください。

国民健康保険税を滞納すると

保険税の未払いが長期間続きますと、以下のとおり保険の給付が受けられなくなったり、医療費を全額自己負担しなければならなくなったりします。

また、財産等の差押処分を受ける場合もありますので、納付が困難なときは、早めに税務課収納係へご相談ください。

1.納期限を過ぎると督促状が送付されます

2.保険証の有効期限が短くなります。

3.1年以上滞納すると「被保険者資格証明書(資格証明書)」となります。

  資格証明書で医療機関にかかるときは、いったん医療費を全額自己負担しなければなりません。

税務課