串間市

串間市

鈴木重格氏が地方自治法施行70周年記念総務大臣表彰を受賞

IMG_1185.JPG

 地方自治体運営の根拠法となる地方自治法が昭和22年5月3日に施行されて今年で70周年となることを記念して、地方自治の進展及び住民の福祉の増進に努めた者に対し、総務大臣から表彰されることとなり、個人表彰において鈴木重格氏が受賞されました。これは、宮崎県では23人目、宮崎県内の市長経験者では2人目、串間市では初めての受賞となり、大変な栄誉です。
 12月13日(水)に、市長室において伝達式を行い、市長から表彰状及び記念品が伝達されました。
 鈴木氏は、昭和42年4月、地域住民に推されて初当選以来、平成2年までの連続6期23年、串間市議会議員として、平成2年6月から平成14年6月まで連続4期12年、宮崎県議会議員として、平成14年7月から平成22年7月までの連続2期8年、串間市長として在職されました。この間、行財政改革の推進、都市環境の整備、市民福祉の充実等の事業に積極的に取り組まれ、多大な貢献をされました。このような功績が認められ、これまでに藍綬褒章や旭日中綬章などを受章されております。また、串間市としても平成26年に名誉市民の称号を贈っています。