串間市

串間市

~福島高校でSDGsカードゲーム~ 地域おこし協力隊:上山千恵美

 522日、29日の2週にわたり、福島高校でSDGsについての授業を行いました。

  

 現在、学校教育における学習要項にSDGsを学習する「ESD」があることを知り、

福島高校の「地方創生学」に「SDGs」がつながるのではというところから、授業時間をいただきました。

   

IMG_6919.jpg  sdg_poster_ja.png

  

 22日の授業では「SDGsとは何か」というお話を、29日の授業ではより深く知ってもらうため

触れてもらうために、2種類のカードゲームを行いました。

 一つはルールに沿って、みんなが協力しながら目標を達成するという、SDGsの本質的なゲーム。

もう一つは目標達成のため、アイテムを使用し自由な発想で、課題解決策を考えるゲーム。

どちらのゲームも社会・経済・環境のすべてが、バランスよく解決できるように考えながら取り組む

ゲームです。

  

 福島高校で授業を行う前に、市役所のメンバーで何度か実践しましたが、アイテムを使用して課題解決策を

考えるゲームは、実は大人でもハードルが高かった。

 高校生向けにある程度のルールを決めて実践しましたが、やはりそれでもまだ、ハードルが高かった様子。

始めは、なかなかアイデアが出ず苦戦していましたが、みんな一生懸命考えてくれました。ほかの人が出した

アイデアに関連付けたり、ストーリー性を持たせたり、中にはユニークな発想もありました。

   

FEE4688B-87A7-44C3-9D6E-E7AA8E71AB29.jpg 12070992092597.jpg

  

 この授業を機に、SDGsについて少しでも意識してもらえれば、また、考える力がより深く広く

なっていくといいなと思います。

総合政策課