Hello! くしまOriginal Brand

SCROLL

100年先まで豊かに

宮崎牛、ヤマダイかんしょ、完熟きんかんたまたま、
太陽のたまご、市木オクラ、ワンタッチきゅうり
黒瀬ぶり、e-かんぱち…

豊富な食を作り続ける、自然の恵と生産技術。
天然記念物の野生動物と、その生育環境を守り続ける地域。

わたしたち”くしまオリジナルブランド推進協議会”は、
この環境と技術を「100年先まで継承すること」を目指して活動しています。

ようこそ、くしまへ。

九州の南東部、宮崎県の最南端に位置する串間市。
宮崎空港から太平洋の波しぶきを肌に感じる日南海岸を、
ワシントニアパームに迎えられながら、ドライブすること1時間30分。
海岸沿いを中心に広がる原風景はまさに桃源郷。
入り江に見える無人島、幸島に住む野生猿。岬に生息する野生馬の御崎馬。
太陽と共に顔を覗かせます。

ようこそ串間へ。

くしま Original Brand

ポスターができるまで

宮崎牛

  • 5年に1度の和牛のオリンピックで

    3大会連続総理大臣賞受賞しました。

  • 肉質等級が4等級以上です。

  • きめ細やかなサシが特徴です。

  • 食べられる時期:1年中

ココで買える・食べられる

「くしまのおさかな」ポスターでは
串間の様々なお魚を紹介しています! 詳しく見る

黒瀬ぶり

  • トウガラシ入りの餌を食べて、

    ほど良い脂のりの養殖ぶりです。

  • 世界最高水準の管理が求められるヨーロッパへの

    輸出ライセンス(EU-HACCAP)を取得した工場から出荷されます。

  • ご当地グルメ「串間活〆ぶりプリ丼ぶり」で食べられます。

  • 食べられる時期:1年中

ココで買える・食べられる

eかんぱち

  • 全国で初めて養殖エコラベル「AEL」に認証されました。

    *AELとは養殖水産物の世界基準のエコラベル認証制度で

    オリンピック食材として公認です。

  • 旨み、甘味成分を示すアミノ酸が

    通常のかんぱちと比べおよそ1.5倍です。

  • 通常のかんぱちより脂質が高く、

    鮮やかな色と歯ごたえが長続きします。

  • 食べられる時期:12月から7月

ココで買える・食べられる

「くしまのおさかな」ポスターでは
串間の様々なお魚を紹介しています! 詳しく見る

ヤマダイかんしょラッピングトラックは、
串間市と関西地域を往復しています。
出会えたその日は良いことが起こるかも?

ヤマダイかんしょ

  • 出荷50年の歴史ある農産品です。

  • ミネラル・ビタミン・食物繊維を豊富に含んでます。

  • 栗の様なほっくりとした食感とほどよい甘みです。

  • 食べられる時期:1年中

ココで買える・食べられる

きんかん

  • 糖度16度以上の完熟きんかん

    たまたま発祥の地です。

  • たまリッチアイスはじめ、きんかんコンポート、

    きんかんジャム等の様々な加工品があります。

  • 皮ごとまるごと食べられます。

  • 食べられる時期:完熟きんかんたまたまは、
    1月の解禁日から3月まで。

ココで買える・食べられる

「たまリッチアイス」「たまたまシャーベット」
完熟きんかんたまたまを育てる
女性農家グループが作っています。
糖度16度以上の完熟きんかんたまたま使用!

マンゴー

  • 糖度15度以上の完熟マンゴー

    「太陽のタマゴ」も生産されています。

  • 完熟マンゴーとは樹上で熟し

    自然に落果し収穫されたマンゴーです。

  • 串間市内で食べられるご当地グルメ

    「串パフェ」には宮崎県産のマンゴ-を使用しています。

  • 食べられる時期:4月から8月

    ※時期はその年の気候条件によって変動します。

ココで買える・食べられる

ピーマン

  • 宮崎県のブランド「みやざきエコピーマン」

    「みやざき健康ピーマン」として認証されています。

  • 農薬や化学肥料の使用を

    通常の半分以下に抑えた特別栽培に取組んでいます。

  • 丸ごと焼いて食べるのがオススメです!

  • 食べられる時期:11月中旬から6月下旬

    ※時期はその年の気候条件によって変動します。

ココで買える・食べられる

串間には農林水産大臣賞受賞生産者もおり、
高い生産技術が自慢です。

「知るほどに好きになる」
くしまオクラパンフレット 詳しく見る

オクラ

  • 約60戸のオクラ農家がおり県内でも有数の産地です。

  • ネバネバの正体であるムチンの栄養素によりタンパク質を無駄なく吸収できます。

  • 新鮮なうちに冷凍保存が可能です。

  • 食べられる時期:6月後半から11月前半

    ※時期はその年の気候条件によって変動します。

ココで買える・食べられる

ごぼう

  • 水洗いとあく抜きをして出荷するので

    料理の手間がかかりません。

  • 洗い方が難しく磨きすぎると赤くなり真っ白になりません。

    生産者の高度な技術が白さを生み出します。

  • 生でそのままサラダで食べられます。

  • 食べられる時期:11月から9月

    ※時期はその年の気候条件によって変動します。

ココで買える・食べられる

イボが鮮度の目印

きゅうり

  • 産地で収穫時の1回だけ触れた

    「ワンタッチきゅうり」の生産が行われています。

  • 表面のイボが保たれているのが鮮度の目印です。

  • 鮮度の良さからうまれるシャキシャキ感と香りが自慢です。

  • 食べられる時期:11月から6月

    ※時期はその年の気候条件によって変動します。

ココで買える・食べられる

お茶

  • 県内有数の早場産地です。

  • それぞれの生産者が製茶工場を所有し

    独自のお茶を製造しています。

  • 4月下旬から摘み取られる一番茶は香りが高く、

    茶葉を冷水に一晩つけこんで冷茶もオススメです。

  • 新茶の時期:新茶の販売は4月から開始です。

    ※時期はその年の気候条件によって変動します。

ココで買える・食べられる

ここで買える ここで食べられる 串間市農産品

現在準備中

串間のおいしいものが 「3秒で伝わるポスター」

「誘う肉」「裏切りの魚」「愛おしい芋」
強烈なコピーと食欲そそるイラストデザインで
串間市の「食」を表現してくれたPRポスター。
完成に至るまでの思いを伺いました。

美味しい食べ物は、観光においても移住においても一番魅力的な要素。
県外の方にも「わ!これ食べてみたい」「今度串間に行ってみよう!」と
思ってもらえるようなビジュアルに。
串間市は食材が豊かでどれをメインにするかは悩むところですが、
農業、畜産業、漁業を代表する食材を一つに絞り
それぞれの美味しさをイラストを使って表現しました。

食材をいままで聞いたことのない言葉(エモーショナルな)で表現する事によって、
「どんな芋(肉・魚)だろう?食べてみたい」と思わせるようなコピーにしました。